離乳食の卵アレルギーの症状ってどうなるの?原因や対処法は?

こんにちは!一人娘を育てて
いますゆなママといいます。

赤ちゃんをお持ちのママさんは
生後5、6ヶ月頃から離乳食を
開始する方が多いと思います。
初めてのお子さんに離乳食を
あげる場合「離乳食ってどれくらい
あげたらいいんだろう?」「うちの
子は離乳食をちゃんと食べてくれる
かな?」など悩みが出てきますよね。

中でも心配なのがアレルギーです。
有名なのが卵アレルギーですが、
卵アレルギーになるお子さんは
比較的多いと言われています。
ここではもし卵アレルギーが出た場合の
症状や対処法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

アレルギーになってしまう原因は?

離乳食で起こるアレルギーは主に
「たんぱく質」のことが多いです。
卵やお肉、お魚などですね。

赤ちゃんの身体はまだまだ大人に
比べると未熟です。外見が小さい
だけではなく内臓などもまだ成熟
していないので、その赤ちゃんの
身体に摂取されたたんぱく質は
赤ちゃんには「異物」として認識
されてしまうのです。すると体内の
免疫システムが動きだして抗体を
作り出し、身体に入ってきた異物を
外に出そうとするのです。そのため
アレルギー反応として湿疹や蕁麻疹
などが出ます。

アレルギー症状について

アレルギー症状にはいくつかの種類が
あります。皮膚に出るので見た目にも
分かりやすいのが湿疹や蕁麻疹でこれら
の反応は比較的軽度だとされています。
もし気管支に反応が出た場合には
呼吸がしづらくなったり、時には
アナフィラキシーショックと呼ばれる強い
反応を起こしてしまう場合もあります。
その場合は一刻も早い対処が必要で
命にかかわる場合もあります。

一般的にアレルギーの原因になるものを
食べてからアレルギー反応が出るまでは
およそ一時間から二時間と言われています。

ご自宅やご実家など見知った場所はもちろん
もし旅行に行かれるなど勝手の分からない
場所に出かけるときには、特にお子さんの
様子に注意しておきましょう。もしも
離乳食をあげた後に肌に赤みがでて
しまったとか呼吸が苦しそう、などの
症状があればなるべく早く医療機関を
受診してください。

もしもこういった症状が出た場合には
医師にその時の状況を正確に伝えるために
その日お子さんがどんなものを食べたか
食材までわかるようになるべく細かく
手帳やノートに書き留めておくことを
おススメします。

今後の対処法は?

アレルギー反応が出てしまうと
「これからは離乳食をどうしたら
いいんだろう?」と不安になって
しまいますよね。

当面はアレルギーの原因だろうと
される食材を除去することになります。

またその分は栄養を補う代替食品で
補うことができます。

原因と思われる食品をいつ頃まで
控えるかは小児科医などの専門家と
よく相談しましょう。

アレルギーがあるとママは
落ち込んでしまうかも知れませんが
お子さんのアレルギーは成長につれ
治っていくことも多いですから
心配し過ぎないようにしましょう。

最近はアレルギーがあるお子さんの
ために、アレルゲンを除去した食材が
豊富に流通しているので賢く利用して
頑張り過ぎないようにしてくださいね。

まとめ

アレルギーの起こる原因や対処法に
ついて分かって頂けたでしょうか?

特に一人目のお子さんの時は勝手が
分からないので不安もあるかと思い
ますが、少しずつアレルギーに関する
情報を見聞きしていくことでお子さんを
事故から守れるようになるでしょう。

もし症状が出てしまった場合はすぐに
かかりつけの小児科を受診しましょう。

お子さんがアレルギー持ちだと特に
ママに負担がかかってしまいますが
成長したら克服できる場合もあり
ますから、どうか気負い過ぎずに
毎日を送ってくださいね。

アレルギーに悩むママさんと
お子さんが安心して毎日を送れる
ことを陰ながら祈っています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク