スタバ初めてさん必見!手順と頼み方はこれを読めばバッチリ!

いまや私たちの生活の一部といってもいいカフェ。

ちょっと一息つきたいときや打ち合わせなど色々な
場面があると思いますが、いざスタバに入るときは
ドリンクの注文方法に迷ってしまいませんか?

私もスタバに行き始めた頃は、よく分からないまま
注文していました。

初めて入ったときは「え?スタバって入ったこと
無かったし、注文の仕方がよくわかんないよ。」

とモヤモヤしていて、その日は友達と同じものを
注文して済ませてしまいました。

そんな私ですが、その後カフェに目覚めてすっかり
カフェマニアになりました!

初心者さんにも分かりやすく説明しますから
安心してくださいね。

スポンサードリンク

シンプルでOK!スタバでの注文方法

注文するドリンクの決め方は実はシンプルで大丈夫
なんですよ。

好みのドリンクを選ぶ→好みに応じてアレンジする
→レジで注文する

たったこれだけなんです!

シンプル過ぎてちょっと拍子抜けしちゃいますか?

でも最初はこれ位シンプルに考えて大丈夫です。

具体的な手順

お店に入る

→混んでいることが多いので座席を確保する

→フード、ドリンクで注文するものを決める

(レジの横などに並んでいるフードは
手にとってレジへ持っていってくださいね)

→レジで注文する

頼むドリンクとサイズを決めて、トッピング
などがあればこのとき一緒に伝えます。

例えば「カプチーノのトールをください。
キャラメルをトッピングしてください。」

(変更がなければ言わなくても大丈夫です
下記「アレンジの仕方」も見てくださいね)

ケースに入っているフードはここで注文して
温める場合は伝えてください。

例えば「スコーンのチョコレートチャンクと
シナモンロールをください。スコーンは温めて
もらえますか?」

→お会計

→レジから数歩離れたランプの下などで待つ

(店舗によって多少違いますが、レジの方が
「ランプの下でお待ちください。」など
待っている間に居る場所を教えてくれます)

→商品の準備ができたら「カプチーノの
トールでお待ちのお客様」など呼びかけて
くれるので、注文した商品を受取ったら
自分の席へもどって大丈夫です。

ドリンクの種類

スタバにはいくつかドリンクの種類があります。

「コーヒー」や「ビバレッジ」と呼ばれますが
ここではドリンクと書きますね。

分かりにくいスタバの用語は

こちらでもご紹介しています!

スタバのビバレッジってどういう意味?これでスッキリ!なるほど豆知識

メニューを見るとカタカナばかりで「何これ?」
って思っちゃうかも知れませんが、各商品が
どんなものか、何となくでもイメージできたら
ちっとも怖くありませんよ!

コーヒー

一般にいうところの「コーヒー」です。

コーヒー豆は「焙煎」といってコーヒー豆を煎るの
ですが浅煎りして「ドリップ式抽出」で抽出された
ものが「コーヒー」です。

コーヒーにミルクを入れたら「カフェオレ」です。

コーヒー
コーヒー+ミルク=カフェオレ

エスプレッソドリンク

こちらはエスプレッソマシンという専用の機械を
使って「エスプレッソ式抽出」します。

「エスプレッソ」という飲み物になってブレンド
するものによって呼び方が変わります。

エスプレッソ+ミルク=カフェラテ
エスプレッソ+泡立てた牛乳=カプチーノ
エスプレッソ+泡立てた牛乳(少量)=カフェマキアート

ティー

紅茶や紅茶をアレンジしたドリンクです。

ストレートティーやフレーバードティー
(香り付けのされた紅茶)など
種類があるのでお好みでどうぞ!

フラペチーノ

砕いた氷を入れて作ったフローズンドリンクです。

季節の果物を使っていることが多いので、香りや
旬の味わいも楽しめますよ。

私は夏場はこれを求めてスタバに通っちゃいます!

ビバレッジ

スタバでは、ココアなどコーヒーの入っていない
商品も販売しています。

意外と種類があるので、実は要チェックですよ!

ドリンクのまとめ

なんとなくイメージができましたか?

抽出方法の違いやカタカナが多くなってくると
ちょっと分かりにくいかもしれませんが
普通のコーヒーとそれ以外とか、温かいドリンク
と冷たいドリンク、など大まかに分けると
イメージしやすいかもしれませんね。

アレンジの仕方

注文に慣れてきたら「もっと甘みを強くしたい。」
とか 「もっとコーヒーをしっかり味わいたい。」
など好みが出てくると思います。

スタバでは個人の好みに合わせてクリームや
シロップを追加したり、ミルクの種類を変更
することが出来るんですよ。

こうしてドリンクの内容をアレンジすることを
「カスタマイズ」と呼んでいます。

コーヒー・エスプレッソショットの追加

コーヒーの味わいをより感じたいときは
風味を追加してみてください。

コーヒーの追加
エスプレッソショットの追加

チョコレートチップの追加

デザートらしさを楽しみたいときはコレです。

ミルクの追加

ミルクの種類の変更や、温度調整もできます。

低脂肪タイプに変更
無脂肪乳に変更
豆乳の使用
フォームミルクの調整
温度調整

クリーム・シロップの追加

リッチな味わいにしたいときには
甘味を追加しちゃいましょう。

ホイップクリームの追加
バニラシロップの追加
キャラメルシロップの追加
ヘーゼルナッツシロップの追加
チョコレートソースの追加
キャラメルソースの追加

アレンジのまとめ

色々と種類があるのを分かってもらえましたか?

これだけバラエティに富んでいると中々制覇
できませんが、ぜひ試してみてくださいね。

ドリンクのサイズ

メニューが決まったら、次はサイズです!

最初はピンと来ないかもしれませんが、
容量を見ると感覚が分かりやすいと思います。

Short(ショート):240ml:一般的にいうSサイズに相当します。
Tall(トール):350ml:こちらはMサイズですね。
Grande(グランデ):470ml:Lサイズで500mlのPETに近いです。
Venti(ベンティ):590ml:LLサイズでたっぷり飲めます。

最後に

これでスタバの注文について、大分イメージが
湧いてきたのではないでしょうか?

これだけ読んでおけば大丈夫ですから、
今度から自信を持って注文してください!

これからはあなたも自由にコーヒータイムを
楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク