1歳の夜泣きでイライラした時どうしたらいい?対処法は?

こんにちは!今日もコツコツ子育てを
してますゆなママです。

赤ちゃんをお持ちのママさんは
夜泣きでイライラしてしまった
ことって。。。ありますよね?

毎日毎日休みなく子供の相手をして
いると気が休まるタイミングが
ないと思います。

そんななか夜泣きをされると
もうこっちが泣きたくなって
しまいますよね??

よっぽどベテランのママさんか
周りの協力がなければイライラ
してしまって当然だと思います。

今日はそんな悩めるママさんに
とって少しでも助けになるような
対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

イライラの対処法は?

赤ちゃんの夜泣きでどうしても
イライラしてしまったときは
どうしたらいいのでしょうか?

今日からできる対処法ですから
参考にしてくださいね。

まずは基本的なことから

ママさんたちは昼間も同じように
赤ちゃんのミルクやおむつのケアを
していると思いますが、念のため
もう一度だけ見てあげてください。

また暑い・寒いなども大人が感じる
以上に気にしているそうですから
エアコンの温度や「今日は何枚
着せるべきかしら?」というのを
気にしてあげてくださいね。

ちょっとだけ赤ちゃんから離れてみる

イライラが募ってしまったときは
まずママ自身が落ち着きましょう。

「うちの子、なんで泣き止まないの?」

「私だって疲れてるしもう寝たいのに!」

というのが本音だと思いますが、ママが
イライラしていると赤ちゃんに伝わって
しまうので悪循環になってしまいます。

赤ちゃんをお布団に寝かせて
ちょっとだけ隣の部屋に行きましょう。

深呼吸したりママの好きな飲み物を
飲むのがオススメです。

落ち着いたらまた赤ちゃんの
ところへ戻りましょう。
さっきまでより、少し落ち着いた
自分がいるはずですよ。

オススメのハーブティーを
ご紹介しておきます!

成長の証なので割り切る

赤ちゃんの夜泣きは成長している
証だというのを知っていますか?

昼間新しいものを見たり触れたり
したことを覚えていて、それらの
刺激を情報として処理しています。

寝ている間はその情報処理がとても
活発になるため、その影響で夜泣きが
酷くなる場合があるといわれています。

身も蓋もない表現になって
しまいますが、泣いているのは
「わが子が成長している証拠だから!」
と割り切って考えることもできます。

うちのゆなも1歳ごろには相当
酷い夜泣きをしていました。。。
当然私は寝不足で3時や4時まで
起きていることもしょっちゅうでした。

朝には夫を起こして朝食を作り、
夫のお弁当を作り、子どもの離乳食を
作り、後片付けをしてから仕事をする!
という毎日ですから本当に、本当に
クタクタでした。。。

「もう自分の気持ちがもたない!」
感じたときは「誰かうちの子の寝かし
つけにバイトに来てくれないかな。。」
なんて思ったものです!

夜泣きを減らすために

「夜泣きって減らせないのかな?」
と考える方も多いと思います。

赤ちゃんの個性もあるので一概には
いえませんが、いくつかポイントを
ご紹介しますのであなたの赤ちゃんに
合った方法を見つけてくださいね。

生活のリズムを見直してみよう

赤ちゃんも新生児期を過ぎたら
昼夜の区別がついてきますから
6時か7時頃には起床して
朝・昼・晩の食事をして、夜は
20時には寝かしつけましょう。

大人のペースに合わせて夜遅くまで
TVをつけていたり食事のペースが
乱れていたりすると、赤ちゃんの
ペースも崩れてしまいますから
大人が気をつけてあげましょう。

いつも決まった入眠の儀式を

朝になったら起きる、お昼にはご飯を
食べるという様に夜も決まった時間に
寝るクセをつけてあげましょう。

そのためには毎日決まった
入眠の儀式が有効です。

部屋を暗くする

赤ちゃんが寝る1時間ほど前から
部屋を暗くすると赤ちゃんが
寝付きやすくなります。

子守唄をかける

子守唄が入っているオルゴールを
鳴らしたり音楽プレーヤーで時間を
設定して、赤ちゃんが寝る時間が
来たら
流したりするのも有効です。

まとめ

夜泣きの対処法にイメージができましたか?

おむつやミルクの確認をしてもダメなら
少しだけ離れてみましょう。

ママ自身の気分を落ち着けてから
もう一度トライして、それでも難しい
なら「夜泣きはしょうがないもの
なんだ。」と割り切るのもありかも
知れませんよ!

夜泣きはいつか終わりが来ます。

その日が来るまでは本当に辛いと
思いますが、全国の他のママさんも
同じように頑張っていますよ!

一日も早くあなたと赤ちゃんが
ぐっすり眠れますように。
陰ながらお祈りしています☆

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク