悩めるお嫁さん必見!姑と仲良くする方法を伝授しちゃいます!

皆さんこんにちは!実は2回結婚
しているゆなママです。

今日はお嫁さんにとって永遠の
課題である嫁姑問題について
ご紹介していきます。

今だからいえますが1回目の
結婚生活は散々でした。。。
嫁姑問題で離婚したといっても
過言ではないでしょう。

前の夫が頼りにならなかったのも
ありますがやはり結婚を継続して
いけるかどうかは姑との相性にも
かかっています。

ここではどうしたら姑と上手く
距離をとっていけるか、長い
付き合いを乗り越えていけるかの
ポイントを説明していきます。

結婚を控えている方や新婚さんは
もちろん「嫁姑に疲れちゃった」方も
気軽に読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

基本的なポイント

色んなタイプの姑がいると思いますが
どんな場合でも通用するだろう
基本的なポイントをあげてみます。

お誕生日や母の日は贈り物をする

もっとも基本的といえると
思いますがやはり大切なことです。

気が合わない場合でも、夫を産んで
育ててくれたことに感謝するつもりで
贈り物をしてはどうでしょうか?

特に高価なものにする必要はあり
ませんが、毎年忘れずに贈りましょう。

親戚づきあいは積極的に参加する

嫁としては大変な部分ですが
それが結婚の大きな部分を
占めるのも事実ですよね。。。

ムリをしすぎず、でも参加する
意思はみせましょう。

冠婚葬祭の場はお嫁さん
としての
評価がわかれる
とても大切な場なんです。

もし悪目立ちしてしまうと
姑だけでなく他の親戚にも
悪評が立ってしまいますよ!

筆者の親戚で新婚当時に
あるミスをしてしまった
お嫁さんが、何十年たっても
そのことで陰口を言われ続けて
いました。気の毒に思ったのと
同時に「自分も気をつけよう」
と思ったものです。

昔ほど家に固執するお家は
減っていますから、親の世代
など昔のお嫁さんと比べれば
有難い立場だといえるでしょう。

そう考えると、少しだけ気が
楽になってきませんか?

自分をあまり飾らないこと

新婚さんにありがちですが
なるべく「良い嫁」になりたくて
自分を飾ってしまうことがあります。

でもムリに装わなくてもいいんです。
結婚は長期戦ですからそんなことを
していても自分が持たないですし
姑は良く見ているものです。

装ったりごまかしている
(と自分では思っている)部分も
案外姑はお見通しかも知れませんよ?

礼儀を重んじることは忘れずに
少しずつ自分の気を緩めて
いけるといいですね。

相手の立場になってみること

ここで大事なポイントです!

意外に思われる方もいるかも
しれませんが、ぜひ「相手の立場を
想像してみる」のをオススメします。

「こんな姑とはどうしても合わない!
もう意味がわからない!」という場合こそ
相手の立場・気持ちを想像してみる
ことをオススメします。

相手側を立てること

この場合、相手側というのは
「姑・舅・夫・小姑」など
義実家全体を指します。

これまでに意地悪をされていたり
どうしても許せない気持ちがあると
難しいものですが、結果的に
この方が上手くいきます。

あなたが大人になって行動すると
きっと物事が良い方向へ
向かっていくでしょう。

まとめ

嫁姑問題についてポイントが
つかめたでしょうか?

極論は「姑や夫をたてる」ことです。

人は自分や自分に関する存在を大事に
して貰えると感じると嬉しいものです。

姑自身はもちろんですが息子(夫)や
娘(小姑)がそうです。もちろん飼っている
ペットなども入ります。

ぜひ賢く行動して幸せを手に入れて
くださいね!

最後に、現在進行形で嫁姑問題に
悩んでいる方にお伝えしておきます。
「これ以上無理をしないで大丈夫です。」
もしご主人が味方になってくれなかったら
どこかで割り切ってしまいましょう。
あなたの心が一番大切です。

嫁として最低限は接しなければ
なりませんが、それ以上は
無理を続けなくて大丈夫ですよ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク