2歳児の夜泣きで足が痛いのは成長痛なの?原因と対処法は?

こんにちは!今日もゆったり子育てを
していますゆなママです。

皆さんは成長痛ってご存知
でしょうか?幼児をお持ちの
ママさんは夕方や夜にお子さんに
「足が痛い。。。」といわれた
事がありませんか?

筆者が子どもの頃は一時的な
ものであれば「成長痛だよ」
いわれたのですがでは実際
成長痛ってどんなものなの
でしょうか?

分かりやすくご紹介していき
ますので、小さいお子さんを
お持ちのママさんはぜひ
参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

成長痛ってどんなもの?

実は、成長痛はまだ医学的に
解明されていないそうです。
以前は身長が伸びるときに
関節が痛むことを指して成長痛
だといわれていましたが
最近では直接の関係はないと
いわれています。

2歳から10歳くらいのお子さんが
夕方や夜に膝や踵(かかと)の痛みを
訴えてくることがあります。しかし
翌朝には特に気にしておらず、病院を
受診しても異常は見当たらないのが
一般的です。成長とともにその痛みが
無くなっていくものを総称して
成長痛と呼んでいるそうです。

成長痛の原因は?

成長痛の原因には主に二種類
あるといわれています。

運動や遊びで疲労がたまった場合

この頃のお子さんはまだ骨や
関節が十分に発達していませんが
色々なものに興味をもつので
走り回ることも多いと思います。

そこで知らず知らずのうちに
身体に疲れがたまり、その影響で
関節まわりや足に痛みがでると
考えられています。

精神的に不安な場合

親に甘えたいときや心配事が
あると「かまってほしい」、
「愛情を確かめたい」という
気持ちが高まり、その現れ
として成長痛を訴える場合も
あるそうです。

例えば弟や妹ができたので
以前ほどかまって貰えなくなり
「寂しい」とか「ママをとられて
しまうんじゃないか?」という
気持ちが強くなってきた場合。

または大好きなママがお仕事に
復帰したので、一緒に居られる
時間(甘えられる時間)が以前よりも
ずっと減ってしまった場合。

保育園などで環境の変化があったり
なにかトラブルがあったりして毎日
落ち着かない場合などが考えられます。

成長痛の対処法は?

まずは肉体的な疲労を和らげてあげる
ことと、何よりもお子さんを安心させて
あげることが大切です。

忙しい毎日だと思いますが、ぜひ
時間をとって下記のポイントを
試してみてくださいね。

一通りしてあげた後はお子さんも
気分が落ち着くことでしょう。

  • 痛いという部分を優しくさすったり
    マッサージしてあげる
  • 蒸しタオルなどで温めてあげる
  • 「大好きだよ。」、「大丈夫だよ。」
    などと伝えて安心させてあげる
  • 抱きしめてあげる

痛みが治まらない場合

成長痛は関節まわりに多いと
いわれていて膝や踵(かかと)、
足のつけ根が痛いと訴えてくる
ことが多いと思います。

しかし脛(すね)が痛いといったり
痛みが何日も治まらなかったり
する場合は念のため病院を
受診しましょう。

もしかしたら他の病気が隠れて
いる可能性もありますから
痛みが続いたり腫れがあったり
したら早めに小児科や整形外科で
相談することをオススメします。

まとめ

医学の発達した現代で少し不思議な
気もしますが、まだ成長痛の
原因ははっきりしていません。

身体的な痛みとも精神的な痛みとも
考えられますが、どちらの場合でも
お子さんを安心させてあげることが
何より大切になります。

ぜひ時間をとって、お子さんを
マッサージしてあげたり抱きしめたり
してあげて、普段よりもたくさん
コミュニケーションをとってあげて
くださいね。

成長痛で困っているお子さんや
ママさんがぐっすり眠れる日が
増えますように。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク